税理士の資格はどのようにして取得するのか

税理士の資格はどのようにして取得するのか

税理士の仕事とは?

税理士は難関な国家資格のひとつですが、合格すれば独立開業も出来ますので人気の資格です。 しかし誰でも受けられる訳ではなく、受験資格がないと受けることはできないのです。 資格のレベルをキープするために一定の知識を持っている人を対象としています。 出願時には証明書の提出が求められています。

税理士試験には受験資格が必要

現在、申告納税制度において企業・個人といった納税者は、所得や税金を自ら計算して納めなければなりません。
しかし、税金の法律は複雑なため、専門知識がなければ大変な作業ですよね。
税理士はそれらの申告や納税をサポートする仕事です。
業務委嘱契約により納税者のために事務処理をする「税務代理」や税務署に提出するための「税務書類の作成」、税金に関する「税務相談」を行うことは税理士資格を持った人の独占業務となります。
税務調査に対しても税理士に代理人として対応してもらえるのです。
法律の枠の中で正しい申告を行わなければなりませんので、結果として節税は出来ても、脱税相談には応じずただすように助言をしなければなりません。
税務計算には、会計業務の知識がなければ課税標準等は行えません。
そのため、付随業務で税理士として財務事務など会計業務を業として行えます。
年収は、大手会計事務所の場合は、500万円前後のようですが、町の小さな会計事務所ではなかなか厳しいようです。
最近では、海外向けの国際税務や税務経験をいかしたコンサルティングや資産税などの特化型事務所なら利益率が高く需要も増えてきていますので、注目されています。
税務・財務書類の作成など専門知識もかなり必要となってきますので、税理士になるための国家試験は難易度が高くなっています。
税理士の資格は、どのように取得すればいいのでしょうか?
国家試験の取得方法から調べてみましょう。

税理士試験を受験する

税理士になるには国家試験に受からなくてはなりませんが、とても難しいため、数年かける方も珍しくありません。 専門学校などを受講すればそれなりにお金もかかってしまいます。 勉強を続けるために、家庭や会社の都合も考えて自分にあった方法を選び取り組むことが大切です。

日本税理士会連合会の税理士名簿への登録が必要

税理士試験に合格後、税理士資格が取得出来ます。 そして日本税理士会連合会の税理士名簿に登録すると税理士業務が行えます。 登録するためには、登録免許税や登録申請書等所定の書類を提出しなければなりません。 登録申請書を受理した税理士会は、必要な調査を行った後、税理士会を経由して税理士証票が交付されます。

TOPへ戻る