税理士の資格はどのようにして取得するのか

>

税理士の仕事とは?

税理士試験の受験資格

税理士試験には、受験資格がなければ、受験はできません。
学識・資格・職歴による受験資格から、条件が一つでも当てはまれば受験が出来ます。
学識による受験資格では、大学3年以上で法律・経済の学科を62単位以上取得している学生あるいは在学中に法律や経済学を1科目以上取得した大学・短大・高等専門学校を卒業した者。
資格による受験資格は、日商簿記検定1級あるいは全経簿記検定上級合格者。
職歴による受験資格は、税理士事務所や会計事務所の業務の補助や行政機関の会計検査・銀行の貸付に関する事務など2年以上の従事が必要で職歴証明書を提出しなければなりません。
税理士事務所で2年以上働けば学歴や資格はなくても受講出来るということです。

税理士試験の受験資格を得る方法

受験資格があるのかわかりにくい人もいると思います。
大学の経済学部や法学部を卒業していれば、当然受験資格は取得しています。
学識による受験資格において、大学を卒業していれば、経済学部や法学部でなくても一般教養で法律学か経済学を1科目取得していれば、受講資格はありますが、取得していなければ、大学を卒業していても受験資格はありません。
そして大学2年生までは受講資格はありません。
高校生はどうでしょうか?
学識による受験資格はありませんので、資格による受験資格を目指します。
商業科であれば簿記を学びますので日商簿記1級を在学中に取得することが可能ですので、卒業時には受験資格を得ることになります。
日商簿記1級をなかなか取れない場合は、職歴による受験資格を目指します。
法人でなく個人商店であっても通算で2年以上の会計事務の経験があれば、受験資格が取得できます。
証明できる書類が必要ですので用意してもらいましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る