税理士の資格はどのようにして取得するのか

>

日本税理士会連合会の税理士名簿への登録が必要

税理士登録の審査

税理士登録申請書類一式を日本税理士会連合会の事務局へ申請します。
その後、税理士会支部での面接調査、税理士会登録調査委員会での書類審査、日本税理士会連合会・登録調査部会で書類調査が行われ、登録の可否が決まります。
決定後は税理士証票交付式の後、入会手続きをすることになります。
また、税理士として登録するためには、2年以上の実務経験が必要です。
税務事務や貸借対照表勘定や損益勘定を利用した会計事務や財務業の作成などの業務に従事した経験がカウントされます。
一般企業の経理部の場合も、認められる可能性はありますが、職務概要説明書が必要になります。
経理事務でも知識が必要のない単純な事務ではカウントされません。
該当するかについては、申請後、税理士会の調査で個別に判断されます。

税理士資格に登録しなければ?

税理士登録しない人が増えているようです。
原因としては、近年は税理士法人も増えてきて、以前より独立開業する人が少なくなっていることです。
しかし、社員税理士になることができませんし、税務相談や税務申告をすることができません。
さらに、資格手当などで年収にも差が出る場合がありますが、大手の事務所で複数税理士がいる場合や一般企業では、同等の仕事ならあまり差がないかもしれません。
ではなぜ税理士登録しないのでしょうか?
一番の理由は、諸費用ではないでしょうか。
登録時に税理士登録料・登録免許税・登録時研修費用・税理士会入会金で約20万円
毎年税理士会年会費が約10万円が必要となります。
税理士会から税務相談などの要請などもあるようです。
税理士資格は消滅するものではありませんので、自分のタイミングで登録することが賢明といえるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る